ブログ

「ラプラス」はこんなゲームです

ゲームマーケットのブログを閲覧していると、多くの出展者の方が出品ゲームの詳細なルールを紹介されているのに気づきます。なかには動画で分かりやすくゲームの遊び方を説明されている方もいらっしゃいます。当ブースでも、動画までは準備できませんでしたが、ゲームのルール説明を載せておこうと思います。いくら見た目の良さをアピールしても、ゲームの本質はルールですからね。
「ラプラス」のルールは単純です。ゲーム盤には7×7=49個の穴が開いており、その中心には中立のコマが最初から固定されています。2人のプレイヤーはそれぞれ70個ずつのコマを持ちます。ゲームの進め方は、以下のとおりです。

  1. 先手のプレイヤーから、交互に自分のコマを1つずつゲーム盤の空いている穴に置いていきます。
  2. 4つのコマが隣り合う最小の正方形の形に並んだら、その上にもコマを置くことができます。
  3. もしも4つのコマが正方形に並んで、しかもその4つの内の3つまたは4つが同じ色で占められていた場合、その上にその色のコマが自動的に(手番とは別に)置かれます。
  4. 初めからゲーム盤の中央に固定されているコマは、どちらのプレイヤーのものでもない中立のコマになります。中立のコマを含む正方形ができた時に、その上に自動的にコマが置かれるのは、残りの3つのコマが同じ色だった場合のみです。
  5. 自動的にコマが置かれたことで、新しい正方形ができ、その正方形の3つまたは4つが同じ色で占められていた場合、同じように自動的にコマが置かれます。こうして連鎖反応的にコマが積み上がっていきます。積み上がるコマは、手番プレイヤーのコマだけでなく、相手プレイヤーのコマである場合もあります。
  6. こうして交互にコマを置いて行って、先に自分のコマをすべて置き終えた人が勝ちです。

「ラプラス」というゲームの面白さは、この「1つのコマを置くことで連鎖反応的にコマが積み上がる」というルールにあります。ゲームの中盤以降、展開は一気に加速し、めまぐるしく形勢が変わります。序盤、相手にリードを許しても、土壇場で一発逆転するという展開がはまった時の気持ちよさは「ラプラス」ならではのものだと思います。

※「ラプラス」は手作りゲームのため数量に限りがあります。現在予約も受け付けておりますので、ご希望の方はぜひお好みの色を指定してご予約ください。

-ブログ

Copyright© MOSAICボードゲーム , 2020 All Rights Reserved.